【必見!!】キャンプ映えアイテム5選

キャンプデポのコーヒーミルのディスプレイアウトドア
この記事は約34分で読めます。

こんにちは!キャンペジアです!

今回は、普段のキャンプが、一気に素敵な空間に早変わりする『キャンプアイテムを5選』ご紹介します!

また、魅せるアイテムのみならず、充分な用途も兼ね備えているアイテムになので、ぜひいつものキャンプに取り入れてみてください!

┈ Twitterでも発信しているのでぜひフォローお願いします!

① イルミネーションライト

手軽にキャンプ映えできる癒しアイテム!

映えを意識しない限りあまり使われないと思いますが、1つ持っておくだけで、簡単におしゃれさが演出でき、サーカスみたいに、一気に可愛くおしゃれなテントに仕上がるアイテムです。

様々なデザインのライトが販売されており、日中帯の飾り付けも見た目が華やかになりますし、夜間帯はイルミネーションライトの本領が発揮され、真っ暗な空間にピカッと輝くライトがとても美しく、見てるだけで癒やされます。

また、ライトの光量も強いので、飾り付けておくと自分のテントの目印にもなります。真っ暗な夜にもテントの位置感が分からなくなる心配もこれで解消です。ちなみに防水・単3電池取り替え型なので長く使えますよ!

② 蚊取り線香ホルダー

虫問題がネックになるキャンプにおいての必須アイテム!

線香自体も進化している中、今回の注目すべきは、線香ホルダーです。ティピーテント型やBBQコンロ型などがあり、キャンプインテリアとしてピッタリなアイテムでもあります。

蚊取り線香ホルダーは、上に書いたキャンプデザインのものや、他にもモダンやカントリーなデザインのものなど、かなりデザインが豊富で、吊り下げ/平置き両用できたりと、たくさん販売されていますので自分キャンプスタイルに合わせて検討するのも楽しいと思います。

また、線香ホルダーを使うと、線香がむき出しにならずに周りが保護されるので、線香を踏みつけることがなく”やっちまった。”な感情とは、さよならできますよ!

③ ラック/コンテナボックス

収納/持ち運び/物置スペースとして最も多彩に利用されているアイテム!!

機能面はもちろんのこと、ラックやコンテナボックスは、野外感を演出できるアイテムとして、キャンプとの相性が抜群です!

コンテナボックスは、水が浸水しない設計になっているので、豪雨や朝露などキャンプ中も安心して使うことができます。また、取り扱われるカラー数が豊富で、さらにステッカーも貼ったりしてみると、特別感も味わえます

『そのまま置いてごちゃごちゃ感を出すのもよし。』『スパイスボックス・ランタンなどを上に置くもよし。』『コンテナボックスは土台がしっかりしているので、袖机として利用するもよし。』ラックやコンテナボックスは、とても優秀で、魅せ方も様々です!

④ スキレット/ホットサンドメーカー

食事スペースの雰囲気がパッとおしゃれになる調理アイテム!

そのままテーブルに出してもおしゃれになるスキレットは、熱伝導性と蓄熱性が高いフライパンで、様々な調理方法に対応しており、野外でも万能な調理器具です。スキレットの他にもたこ焼きメーカー、ワッフルパン、ホットサンドパンなどの専用器具が売られています。おしゃれな専用器具を用いて、キャンプのお楽しみ要素でもある”料理”と”食事”の雰囲気を変えてみましょう!

100均でも売られているほど、すぐ手に入れることができますが、キャンプブランドのアイテムを使うと、よりリッチでおしゃれな雰囲気が楽しめますよ!食パンにブランドロゴの焼き印がついたり、耐久性もいいのでお勧めです。

⑤ 木製テーブル

キャンプの雰囲気にピッタリ溶け込む”木製”のアイテム!

人気の高いウッドテーブルは、お手入れや重量感や値段がデメリットとしてあげられますが、今回紹介する木製テーブルは、お手入れもしやすく、軽いタイプの、使いやすいアルミ製のテーブルです。

アルミ製の天板に木製のデザインがされている『なんちゃって木製テーブル』は、おしゃれさも出しつつ、使いやすいテーブルを検討されている方は、こういった木製テーブルを使ってみるのがおすすめです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました